みのもんた激白「僕なら圧力かけた政治家と討論させます」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

みのもんた激白「僕なら圧力かけた政治家と討論させます」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

「報道ステーション」の降板事件で物議を呼んだ古賀茂明氏。これまで報道番組の司会を務めてきたみのもんた氏が、その事件に意見する。

*  *  *
 古賀茂明さんが「圧力を受けた」と発言した報道ステーション、私も偶然見ていました。古賀さんはよほど腹にすえかねたんでしょうし、テレ朝も古賀さんがああいう行動に出ることを読めなかったんでしょう。

 起こったことには賛否両論あるでしょうが、一番の問題点は、テレビを見ている人たちが無視されていることです。キャスターの古舘伊知郎君は「承服できない」と反論していましたが、僕だったら、「誰からどんな圧力があったんですか?」と、とっさに聞いたと思いますね。「『I am not ABE』というフリップ出してますけど、なんで日本語で書かないの?」と。それくらいやり取りがあって「わかりました。では、圧力をかけた人にも出演交渉しますから、来週も番組に出て、その人と討論してください。実況は私がやります」と。これなら視聴者も納得できたし、もっと視聴率も取れたんじゃないですか?(笑)

 古賀さんも「もっと言いたいことがあるので、出続けたいです」と正直に言えばよかった。「圧力だ」と言っても、視聴者には伝わりません。ああいう形ではなく、マスメディアの中で発言を続けていく方法を考えるべきだったと思います。もったいないですよ。

 ただ、何が起きるかわからないのが生放送です。「古賀さんが打ち合わせにないことを言った」なんて批判もあるけど、じゃあ地震が来たらどうするのか。来ないでくれって言うの? 起きたことそのままを伝えるのがテレビ。私がやっていた「朝ズバッ!」や「サタデーずばッと」(ともにTBS系)では、出演する政治家と打ち合わせなんてしなかったし、質問事項を事前に言えと要求されても教えなかった。だって、予定どおりの答えを聞いてもおもしろくないじゃないですか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい