完全なる非日常ではない? 佐野史郎の「演劇論」

2015/03/29 16:00

 1975年5月、佐野さんが俳優として初めて立った舞台は、渋谷のジァン・ジァンだった。今や“伝説”となった、収容人数200人のアングラ小劇場である。以来40年が経ったが、「カッコつけるわけじゃなく、今までの活動はすべて準備期間で、今まさに俳優としてスタート地点に立っているような心境です」と話す。

あわせて読みたい

  • 風間杜夫、72歳で「アングラ」に挑戦「芝居は見るものじゃない、出るもの」

    風間杜夫、72歳で「アングラ」に挑戦「芝居は見るものじゃない、出るもの」

    週刊朝日

    12/11

    10代で呪われた? 銀粉蝶が明かした“演劇の馬鹿力

    10代で呪われた? 銀粉蝶が明かした“演劇の馬鹿力

    週刊朝日

    7/29

  • 「日本でいちばん踊っちゃいけない」俳優? 風間杜夫が語るミュージカル秘話

    「日本でいちばん踊っちゃいけない」俳優? 風間杜夫が語るミュージカル秘話

    週刊朝日

    12/12

    堀北真希、有村架純の舞台デビューも 演出家・白井晃の演劇愛

    堀北真希、有村架純の舞台デビューも 演出家・白井晃の演劇愛

    週刊朝日

    10/13

  • 「孤独のグルメ」松重豊 俳優をやめ建築現場で1年働いていた

    「孤独のグルメ」松重豊 俳優をやめ建築現場で1年働いていた

    週刊朝日

    9/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す