入院不要「ALTA療法」は“痔主”の救世主?

健康

2015/01/13 07:00

 重症の痔の治療法は外科手術が主流で、1週間以上の入院が必要だ。しかし、近年、注射により内痔核を治療する「ALTA療法」が登場し、痔核(いぼ痔)など痔のタイプによっては日帰り治療も可能になった。また、ALTA療法と手術の併用療法も普及しはじめるなど、治療法は進歩を遂げている。

あわせて読みたい

  • 肛門から脱出、出血! 恥ずかしくて聞けない「いぼ痔」を専門医が解説

    肛門から脱出、出血! 恥ずかしくて聞けない「いぼ痔」を専門医が解説

    dot.

    8/27

    手術で便失禁のリスクも! 失敗できない痔の治療、病院の選び方

    手術で便失禁のリスクも! 失敗できない痔の治療、病院の選び方

    週刊朝日

    8/7

  • 恥ずかしくて聞けないお尻の悩み 首都圏で「痔のいい病院」はココだ!

    恥ずかしくて聞けないお尻の悩み 首都圏で「痔のいい病院」はココだ!

    週刊朝日

    8/18

    痔の治療は切除と「ALTA」の併用が効果的

    痔の治療は切除と「ALTA」の併用が効果的

    週刊朝日

    1/20

  • 放置すると大量出血で失神、がんの場合も! 意外に怖い“痔”

    放置すると大量出血で失神、がんの場合も! 意外に怖い“痔”

    週刊朝日

    2/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す