会津松平家現当主「長州からの申し出に、『ならぬことはならぬ』」

2014/06/30 07:00

 大政奉還が行われ、新政府が日本を治めた明治時代。その際、新政府に会津藩は討伐されたが、当時会津藩を治めていた会津松平家の第14代当主・松平保久(もりひさ)氏は今も「どうして会津藩を追い詰めたのか」という思いがあるという。

あわせて読みたい

  • 会津松平家第14代当主「新政府のつくった靖国神社宮司の職を断った父の会津魂」

    会津松平家第14代当主「新政府のつくった靖国神社宮司の職を断った父の会津魂」

    週刊朝日

    7/13

    徹底抗戦せずに幕府を終焉させた徳川慶喜 「難攻不落」の大坂城に籠城しなかった背景

    徹底抗戦せずに幕府を終焉させた徳川慶喜 「難攻不落」の大坂城に籠城しなかった背景

    dot.

    5/16

  • 徳川家当主 苦労は悪いことができないこと「カンニングもできなかった(笑)」

    徳川家当主 苦労は悪いことができないこと「カンニングもできなかった(笑)」

    週刊朝日

    11/16

    “半年間、遺体を野ざらし”はなかった? 薩長の「埋葬禁止令」を覆す新史料

    “半年間、遺体を野ざらし”はなかった? 薩長の「埋葬禁止令」を覆す新史料

    AERA

    3/8

  • いまだ会津に渦巻く「薩長憎し」の思い 一方で雪解けの兆しも?

    いまだ会津に渦巻く「薩長憎し」の思い 一方で雪解けの兆しも?

    AERA

    3/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す