医師の情報漏洩は意図的? 遺族に募る東京女子医大への不信感

2014/06/20 16:00

 日本の医療をリードする東京女子医科大病院(東京都新宿区)が揺れている。今年2月、麻酔薬「プロポフォール」の不正使用で2歳の男児が死亡した。その事故の対応をめぐって、同大を運営する理事会と大学幹部が激しく対立し、理事全員への退陣要求にまで発展した。亡くなった男児の遺族は置き去りにされている。

あわせて読みたい

  • 東京女子医大 麻酔薬投与事故調「はなはだ無責任」と激怒

    東京女子医大 麻酔薬投与事故調「はなはだ無責任」と激怒

    週刊朝日

    2/18

    2歳児死亡事件 東京女子医大で起きている姑息な内紛

    2歳児死亡事件 東京女子医大で起きている姑息な内紛

    週刊朝日

    7/9

  • 東京女子医大がまた隠蔽? 新医療事故調査制度も期待薄

    東京女子医大がまた隠蔽? 新医療事故調査制度も期待薄

    週刊朝日

    10/8

    東京女子医大2歳児死亡 渦中の医師は留学中だった

    東京女子医大2歳児死亡 渦中の医師は留学中だった

    週刊朝日

    11/5

  • 「どうか息子の死を内紛に利用しないで」 東京女子医大医療事故で遺族が涙と怒り

    「どうか息子の死を内紛に利用しないで」 東京女子医大医療事故で遺族が涙と怒り

    週刊朝日

    7/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す