池袋のアトリエ村 “最後のアーティスト”は作品を売らず… 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

池袋のアトリエ村 “最後のアーティスト”は作品を売らず…

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
東京都豊島区長崎に残るアトリエ村「さくらが丘パルテノン」の最後の1軒(1936年築) (撮影/写真部・松永卓也)

東京都豊島区長崎に残るアトリエ村「さくらが丘パルテノン」の最後の1軒(1936年築) (撮影/写真部・松永卓也)

 池袋駅西口から豊島区長崎にかけてが、かつて「池袋モンパルナス」と呼ばれていたのをご存じだろうか? 大正後期から終戦まで、この地域には画家や作家などが多く住んでいた。長谷川利行、寺田政明、吉井忠、長沢節……そうそうたる面々が集う活気あふれる様を、パリの芸術の街モンパルナスになぞらえたのは詩人の小熊秀雄だ。

【アトリエ内部の写真はこちら】

 そんな芸術家たちの最後の一人が、このアトリエの主、西田宏道(ひろじ)だ。西田は93歳で没する2012年まで、70年以上もここに一人で暮らしていた。作品をあえて売ることをせず、生涯無名で好きな絵を描き続けていたという。

 築78年のアトリエは、簡素な平屋の洋風一戸建て。ミシミシと音を立てる床、使い込んだ画材が、孤高の画家の息づかいを生々しく伝える。

 60軒ほどあった周辺のアトリエが次々と壊されるなか、西田は現状のまま建物を残すことにこだわっていた。池袋モンパルナスを象徴するアトリエ村を、こよなく愛していたからだ。

週刊朝日  2014年6月13日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい