ここに来れば宝くじに当たる?“招き猫”がいる島 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ここに来れば宝くじに当たる?“招き猫”がいる島

このエントリーをはてなブックマークに追加
(c)撮影/岩合光昭

(c)撮影/岩合光昭

(c)撮影/岩合光昭

(c)撮影/岩合光昭

(c)撮影/岩合光昭

(c)撮影/岩合光昭

 動物写真家の岩合光昭さんが日本中を旅して、猫を撮りつづけている。今回は、佐賀の猫。

*  *  *
 お願いをするかのように、手を合わせ、天を見上げる猫。真摯な表情でお祈りすることは──。

 佐賀県唐津市の沖合い約3キロの離島「高島」。お参りすると、宝くじが当たると評判の宝当神社に加え、この島には福をもたらす「招き猫」がいる。

 ノラや商店で飼われている猫たちの力のこもった“お祈り”。実は、上から落とされたかまぼこをキャッチする姿だそう。その格好に御利益を感じる観光客も多いとか。

 島には多くの招き猫がいる。“にゃん”とも有り難い島だ。


岩合光昭(いわごう・みつあき)
1950年生まれ。動物写真家。NHK BSプレミアムにて「岩合光昭の世界ネコ歩き」放送中。

【関連リンク】
デジタル岩合 http://www.digitaliwago.com/

週刊朝日  2014年5月30日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい