見た目が「老けている」人のほうが早く死ぬって本当? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

見た目が「老けている」人のほうが早く死ぬって本当?

このエントリーをはてなブックマークに追加
体内だけでなく、見た目も大事?(※イメージ)

体内だけでなく、見た目も大事?(※イメージ)

 他国に先駆けて超高齢化が進み、世界中から注目されている日本。その一方で、平均寿命も延びている。2012年の平均寿命は男性79.94歳、女性86.41歳(厚生労働省「簡易生命表」から)。戦後間もない1947(昭和22)年は男性50.06歳、女性53.96歳だった。

 アンチエイジング研究の第一人者である順天堂大学の白澤卓二教授(加齢制御医学)は言う。

「平均寿命が延びるということは、若くして死ぬ確率が下がるということ。老化スピードが遅くなり、戦前に比べて人生が約2倍の長さになりました」

 白澤教授は、デンマークのクリステンセン教授の興味深い研究を紹介する。

「寿命を決めている要因の中で、遺伝的要素は25%に過ぎないことがわかりました。残りは環境要因です」

 つまりお酒やたばこ、睡眠時間などが大きく影響するというのだ。さらに、クリステンセン教授は70歳以上の双子を対象にした研究から、見た目が「老けている」人のほうが早く死亡することを実証したという。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい