オバマ大統領は服に無頓着? それともひとつの戦略? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

オバマ大統領は服に無頓着? それともひとつの戦略?

このエントリーをはてなブックマークに追加
バラク・オバマ(アメリカ合衆国大統領)1961年、米国ハワイ州生まれ。コロンビア大学卒業後、ハーバード・ロースクールに学び、弁護士に。2004年、民主党から上院議員に初当選。08年に大統領選で勝利して、翌年、第44代米国大統領となる。4月23日、国賓として来日。安倍首相との寿司店での会食などの日程をこなす=24日、皇居での歓迎式典で(撮影/写真部・東川哲也)

バラク・オバマ(アメリカ合衆国大統領)
1961年、米国ハワイ州生まれ。コロンビア大学卒業後、ハーバード・ロースクールに学び、弁護士に。2004年、民主党から上院議員に初当選。08年に大統領選で勝利して、翌年、第44代米国大統領となる。4月23日、国賓として来日。安倍首相との寿司店での会食などの日程をこなす=24日、皇居での歓迎式典で(撮影/写真部・東川哲也)

 4月23日~25日の日程で訪日したバラク・オバマ米大統領を、ファッションデザイナーのドン小西氏がファッションチェックした。その結果は?

*  *  *
 長身だし、小顔だし、基本的に何を着てもサマになる。オマケに米国大統領とくれば、地球のリーダーのひとりみたいなもんだろ。仕立てがどうの、ネクタイがどうのって、小さいことにチマチマこだわらなくても、十分かっこいいのはわかったって。

 それにしてもだ。もうちょっと服に愛想があってもいいよね。そもそもスーツの命と言えるサイズが合ってない。ズボンも大きいし長いし、肩だって広すぎる。生地は薄手の春物なのかね。シワが紙のようにバリバリじゃん。たった今買った量販店の吊るしスーツを着てきましたって感じだよな。

 大統領になって5年も経つんだもん。就任当時は初々しかったこの手の安っぽいスーツだって、普通は年とともに味のある良質なものにシフトしていくものなんだけどね。ま、人生で一番おいしい寿司を6個残したとか、10個残したとか言われてるけど、この人ってもしや、本音を言わない主義か? だとすると、この普通すぎるスーツ姿は、本音をカムフラージュするための演出という説も。たしかに、趣味も嗜好も読み取れませんので。

週刊朝日  2014年5月9・16日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい