“日本一”東大法学部が「抜かれる日」も間近?

大学入試

2014/03/15 11:30

 東京大学法学部に元気がない。かつては政財界は言うに及ばず、芥川賞作家やプロの囲碁棋士ら多彩な人材を世に送り出してきたのだが、近年はパッとしない。学部の「就職力」を詳しくみると、日本一のエリート学部が、意外に就職活動では強さを発揮できていない。歴史とデータが物語る「東大法の栄光と挫折」とは――。

あわせて読みたい

  • 使えない東大生が急増中!? 社会で東大卒が通用しないワケ

    使えない東大生が急増中!? 社会で東大卒が通用しないワケ

    dot.

    2/26

    いまでしょ!の林修氏 「ダメな東大生」の条件を指摘する

    いまでしょ!の林修氏 「ダメな東大生」の条件を指摘する

    週刊朝日

    3/13

  • エリートの象徴“東大法学部”はなぜ「砂漠」なのか

    エリートの象徴“東大法学部”はなぜ「砂漠」なのか

    AERA

    3/22

    瀧本哲史が語る「東大法学部はルールを創る側になる人が来るところ」

    瀧本哲史が語る「東大法学部はルールを創る側になる人が来るところ」

    AERA

    3/27

  • 「普通の大学」化する東大法学部

    「普通の大学」化する東大法学部

    AERA

    3/27

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す