二代目・波平の茶風林 共演者が明かすその実力 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

二代目・波平の茶風林 共演者が明かすその実力

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月に急死した声優・永井一郎さん(享年82)の後を継いで「サザエさん」の磯野波平を演じる“声”が決まった。声優の茶風林(ちゃふうりん)さん(52)。2月16日の放送分から登場した。

 6日に始まった新ファミリーの収録はどんな様子だったのか。タラちゃん役の貴家堂子(さすがたかこ)さんが明かす。

「今までの波平さんの声にかなり近いと思います」

 共演経験がこれまでなかったという貴家さん、「え、チャフウリンさん?」と最初はピンとこなかったが、一緒に仕事をして感心したという。

「できあがったファミリーの中に入るのは並大抵のことではないでしょう。重圧も感じられたことと思いますが、一生懸命演じられていました。がんばってほしいです」

 茶風林さんは「ちびまる子ちゃん」の「永沢君」や「ヒデじい」も担当。知る人ぞ知る、味のある声の持ち主だ。

「チャップ(茶風林さんの愛称)は芸の幅が広いんですよ」と話すのは、「ちびまる子ちゃん」のおじいちゃん「友蔵」役で共演中の声優・島田敏さん。島田さんも友蔵役を前任の故青野武さんから4年ほど前に引き継いだ「経験者」だ。

「私も最初の録音時は気が重かったし、いまだにこれでいいですか、と天国に問いかけることがあります。チャップには永井さんが波平で演じた、『思い』も継承してほしいですね」

 実は、茶風林さんは、声以外でも永井さんを引き継ぐ仕事がある。

「永井さんは声優や俳優の組合『日本俳優連合』で声優の地位向上のために尽力されましたが、チャップも声の権利を守るために熱心に活動しているんです。2002年から組合の広報誌編集長として、見事な構成力と気配りで、業界を支えています」(島田さん)

 ちなみに茶風林という芸名は、喜劇役者チャプリンのモジリだとか。これからは茶風林さんの明るい「バカモーン!」が、お茶の間に響くだろう。

週刊朝日 2014年2月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい