わずか2年で世界の舞台に! 日本で一番美しいチョコレートは京都にあり

2014/02/10 07:00

 2年に1回、パリで開催される「ワールド・チョコレート・マスターズ」は、世界中の名ショコラティエが、独創的な技と味を競い合う。昨秋、日本から出場したのは、国内大会で1位に輝いた「サロン ド ロワイヤル京都本店」のシェフパティシエ・垣本晃宏さん(43)。25歳まで会社員だったが、「職人になりたい」と製菓の道へ。フランス料理のシェフなどを経て、チョコレート作りに専念するようになったのは、わずかこの2年という異色の存在。今回、初出場で20カ国中4位入賞を果たした。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す