AERA dot.

デヴィ夫人が切れた被害女性の「タブーな一言」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

最近のブログでは「平手打ちすべきは西川史子だった」と、また過激な発言も (c)朝日新聞社 

最近のブログでは「平手打ちすべきは西川史子だった」と、また過激な発言も (c)朝日新聞社 

 番組で共演した一般女性Aさんに平手打ちをしたとして、Aさんから被害届を出されていることが判明したデヴィ夫人(73)。番組は放送されたが、問題の場面はカットされたため、暴行の経緯は判然としなかったが、番組関係者らの証言で詳細がわかった。

“事件”は1月9日、TBSのバラエティー番組「奥様はモンスター2」の収録中に起こった。最初に登場したのはAさんの夫。「嫁にアイスを買いにいかされる」などと、鬼嫁ぶりを嘆いたという。そして、Aさんがスタジオに現れる。夫を冷遇する理由を聞かれたAさんは「もう離婚したい」と激白。しかし夫は「好きだから別れたくない」と懇願した。ここまでは進行通りだったという。

「だんなさんはマジメそうで、奥さんは派手でかわいいタイプ。奥さんは六本木でホステスをしているとのことでした。結構気の強いタイプの女性に見えました」(番組関係者)

 ここからデヴィ夫人が絡み始めたという。

「あなたが働いているのはキャバクラ? それともクラブ? どっちなの?」とジャブ。Aさんは、「クラブです。でも、デヴィさんだって一緒ですよね。私もデヴィさんみたいに玉の輿に乗りたいですよ」と、パンチを返した。するとデヴィ夫人は、「私は玉の輿ではありませんから」と応戦。Aさんも一歩も引かない。

「でも『デヴィ夫人』としてお仕事されていますよね」

 このあたりからデヴィ夫人がイラ立ち始めたという。「私は自分の力で仕事をしている」と強調するデヴィ夫人に対して、Aさんも「デヴィ夫人という名前でテレビに出ている」と譲らない。デヴィ夫人が席を立とうとし、周囲がなだめる一幕もあったという。その後、お笑い芸人が場を和ませようとしても、デヴィ夫人の腹の虫はおさまらなかった。

「プロデューサーを呼んでちょうだい」とひとこと。そして、「あなたがこんなことを言わせているんでしょ」と詰問した。プロデューサーが「やらせてません」と言うと、堪忍袋の緒が切れたのか、ツカツカとAさんに歩み寄り、平手打ちを3発見舞ったという。デヴィ夫人はそのまま立ち去り、スタジオは凍りついた――というのが真相のようだ。

 デヴィ夫人に取材を申し込んだが、「お話しする時期が来ると思いますので、それまでお待ちください」とだけ。TBS広報部に詳細を問うと、文書で「番組制作の過程については、従来よりお答えしておりません」と回答した。

 春を待たずに「雪解け」できるか。

週刊朝日 2014年2月7日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加