激戦のフィギュア男子 ソチ五輪へ行けるのは…? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

激戦のフィギュア男子 ソチ五輪へ行けるのは…?

このエントリーをはてなブックマークに追加
高橋大輔熟練の絶対王者 現役最後の舞台へ1986年、岡山県生まれ。身長165センチ。バンクーバー五輪銅メダル。2012年のグランプリ(GP)ファイナル優勝。13年GPシリーズ・スケートアメリカ4位、NHK杯優勝。GPファイナル進出を決めるも右足を負傷し、欠場。実績ではソチ五輪代表入り要件を満たしながらも、代表選考に全日本選手権の参加が必須条件として加わったことで、ケガの影響も心配される (c)朝日新聞社 

高橋大輔
熟練の絶対王者 現役最後の舞台へ

1986年、岡山県生まれ。身長165センチ。バンクーバー五輪銅メダル。2012年のグランプリ(GP)ファイナル優勝。13年GPシリーズ・スケートアメリカ4位、NHK杯優勝。GPファイナル進出を決めるも右足を負傷し、欠場。実績ではソチ五輪代表入り要件を満たしながらも、代表選考に全日本選手権の参加が必須条件として加わったことで、ケガの影響も心配される (c)朝日新聞社 

羽生結弦世界をとろけさせる “天才”新エース1994年、宮城県生まれ。身長171センチ。2012年、全日本選手権優勝。13年、フィンランディア杯優勝。GPシリーズ・スケートカナダとフランス杯で2位。GPファイナルのSPで歴代最高得点を記録し、優勝。代表選考では一歩リードしている。長い手足を生かした表現力に、4回転でも出来栄え点を稼げる美しいジャンプが武器。演技後に見せる仕草や表情の可愛さも注目(撮影/写真部・馬場岳人)

羽生結弦
世界をとろけさせる “天才”新エース

1994年、宮城県生まれ。身長171センチ。2012年、全日本選手権優勝。13年、フィンランディア杯優勝。GPシリーズ・スケートカナダとフランス杯で2位。GPファイナルのSPで歴代最高得点を記録し、優勝。代表選考では一歩リードしている。長い手足を生かした表現力に、4回転でも出来栄え点を稼げる美しいジャンプが武器。演技後に見せる仕草や表情の可愛さも注目(撮影/写真部・馬場岳人)

織田信成“猫ジャンプ”健在 2児のパパ1987年、大阪府生まれ。身長164センチ。バンクーバー五輪7位。2013年、ネーベルホルン杯で4回転に成功し、優勝。GPシリーズ・スケートカナダ3位、NHK杯2位。欠場の高橋に代わって出場したGPファイナルで3位。不調が続いていたが、今季は好調。膝の柔らかさを生かした、猫のようにしなやかに着地するジャンプが持ち味。五輪シーズンでの引退を表明している(撮影/写真部・馬場岳人)

織田信成
“猫ジャンプ”健在 2児のパパ

1987年、大阪府生まれ。身長164センチ。バンクーバー五輪7位。2013年、ネーベルホルン杯で4回転に成功し、優勝。GPシリーズ・スケートカナダ3位、NHK杯2位。欠場の高橋に代わって出場したGPファイナルで3位。不調が続いていたが、今季は好調。膝の柔らかさを生かした、猫のようにしなやかに着地するジャンプが持ち味。五輪シーズンでの引退を表明している(撮影/写真部・馬場岳人)

町田樹崖っぷち上等 “哲学王子”見参1990年、神奈川県生まれ。身長162センチ。2013年、GPシリーズ・スケートアメリカで自己ベストを大幅更新して優勝。ロシア杯優勝、GPファイナル4位。今季、目覚ましい活躍で、五輪代表枠争いに名乗りを上げた。GPファイナルではSPでジャンプに失敗、挽回したフリーでは演技直後に涙を見せた。羽生、高橋に次いで代表枠に近いとされる。芸術的なスケートにファンは多い(撮影/写真部・馬場岳人)

町田樹
崖っぷち上等 “哲学王子”見参

1990年、神奈川県生まれ。身長162センチ。2013年、GPシリーズ・スケートアメリカで自己ベストを大幅更新して優勝。ロシア杯優勝、GPファイナル4位。今季、目覚ましい活躍で、五輪代表枠争いに名乗りを上げた。GPファイナルではSPでジャンプに失敗、挽回したフリーでは演技直後に涙を見せた。羽生、高橋に次いで代表枠に近いとされる。芸術的なスケートにファンは多い(撮影/写真部・馬場岳人)

 いよいよ開幕する全日本選手権。黄金期を迎えた男子フィギュアスケートの世界一厳しい代表選考会が始まる――。

 18歳最後の夜だった。

 高得点にわき上がる歓声とは裏腹に、羽生結弦(ゆずる)は首を振っていた。世界王者のパトリック・チャンをおさえてGPファイナルで優勝したにもかかわらず、「(点数は)出すぎ」「期待点だと思ってる」。

 したたる汗まで絵になる若きエースは、至って冷静だった。

 それもそのはず、ソチ五輪出場は、12月21日開幕の全日本選手権にかかっている。男子は、世界トップレベルの選手たちによる過去最高の混戦が予想されるのだ。ソチの主役と目される羽生も、気を抜けない。急成長を遂げた町田樹(たつき)や復調した織田信成が“枠”を狙う一方で、高橋大輔は、ここにきて右足を負傷。日本フィギュア界を牽引する高橋でさえ、絶対とはいえない状況なのだ。ソチへの切符を手に入れるのは誰か。スポーツライターの青嶋ひろの氏は、こう話す。

「最後は気持ちをコントロールできるかどうか。大事な局面で、怖がらずにアスリート魂で戦えた人が、残るのでしょう」

週刊朝日 2013年12月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい