江田憲司、細野豪志、松野頼久がガチンコで語り尽くした120分 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

江田憲司、細野豪志、松野頼久がガチンコで語り尽くした120分

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
松野頼久(まつの・よりひさ)1960年、熊本県生まれ。慶大法学部卒。細川元首相の秘書を務め、00年の衆院選に民主党から出馬し初当選。鳩山政権で官房副長官。昨年9月に離党し日本維新の会へ。5期目(撮影/写真部・馬場岳人)

松野頼久(まつの・よりひさ)
1960年、熊本県生まれ。慶大法学部卒。細川元首相の秘書を務め、00年の衆院選に民主党から出馬し初当選。鳩山政権で官房副長官。昨年9月に離党し日本維新の会へ。5期目(撮影/写真部・馬場岳人)

江田憲司(えだ・けんじ)1956年、岡山県生まれ。東大法学部卒。79年、旧通産省に入省。橋本内閣の首相秘書官となり、02年の衆院選で初当選。09年結党の「みんなの党」で幹事長を務めた。4期目(撮影/写真部・馬場岳人)

江田憲司(えだ・けんじ)
1956年、岡山県生まれ。東大法学部卒。79年、旧通産省に入省。橋本内閣の首相秘書官となり、02年の衆院選で初当選。09年結党の「みんなの党」で幹事長を務めた。4期目(撮影/写真部・馬場岳人)

細野豪志(ほその・ごうし)1971年、京都府生まれ。京大法学部卒。三和総研を経て00年、28歳で衆院選に初当選。菅内閣で首相補佐官、原発事故担当、野田内閣では環境相や党幹事長などを歴任。5期目(撮影/写真部・馬場岳人)

細野豪志(ほその・ごうし)
1971年、京都府生まれ。京大法学部卒。三和総研を経て00年、28歳で衆院選に初当選。菅内閣で首相補佐官、原発事故担当、野田内閣では環境相や党幹事長などを歴任。5期目(撮影/写真部・馬場岳人)

握手を交わす江田氏(右)と細野氏(左)。をれを見守る松野氏(撮影/写真部・馬場岳人)

握手を交わす江田氏(右)と細野氏(左)。をれを見守る松野氏(撮影/写真部・馬場岳人)

 政界再編のキーマンである日本維新の会国会議員団幹事長の松野頼久氏、新党代表の江田憲司氏、民主党前幹事長の細野豪志氏が、本誌年末名物「永田町闇鍋」で本音を語り尽くした。

*  *  *
松野:絶好のタイミングで3人集まっての闇鍋となったけど、まずは江田さん。みんなの党から13人を連れて新党発足ですね。

細野:人数を聞いた時はビックリしました。よく集まりましたね。

江田:「(他党から)人を貸そうか?」なんて言われましたね(笑)。

松野:実際のところ、渡辺喜美代表との仲はどうだったの?

江田:いきなりそれですか(笑)。正直に言うと、お互いドライなんですよ。無駄なことはしない。夜はベタベタ付き合わない。それでうまくやっていました。当初は。でも、7月の参院選後に議員が36人にまで増えた。優秀な人がたくさんいるから、株式会社化してつかさつかさで力を発揮しないといけないのに、渡辺さんは「個人商店」を続けたかった。すれ違いが生じていったのは確かです。

松野:参院選といえば投票日にこの3人で集まっていたのが、渡辺代表から目を付けられるようになったきっかけでしたね。

江田:誰が漏らしたかは知らないけど、報道でバレてしまった。でもいいんですけどね。別に。

細野:後ろめたい話をした訳ではないですからね。しかもコーヒーを飲みながら、わずか30分ほど。

江田:あの日は自民党圧勝の流れの中で、幹事長同士集まって、今後の国会運営どうしていこうか、という話ですよ。それなのに代表に鬼の首を取ったように言われて、幹事長を外された。今日は番記者に“ヘム鍋”ですかって言われた(笑)。《注・3人は渡辺代表から「ヘム」(細野、江田、松野のそれぞれの頭文字H、E、M)と敵視されている》

松野:ヘムはよくないよ。なんか今日は吹っ切れていますねえ(笑)。新党名はどうするの? 「ビタミン党」とか「あなたの党」が出ていたけど。

江田:小野次郎さんでしょう。却下ですよ。18日には発表します。

松野:新党の資金面はどうするのですか。

江田:私もこれでも色々な人間関係を作ってきたし、それくらいの甲斐性はあるつもりです。今は新党を作るのに、10億~20億円という大金がいる時代じゃない。

週刊朝日  2013年12月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい