「いじわるばあさん」は作者の“はけ口”になっていた? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「いじわるばあさん」は作者の“はけ口”になっていた?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
大きなサイズで読みやすい「姉妹社版」を40年ぶりに復刊!『いじわるばあさん 全6巻 長谷川町子』 詳細はこちら

大きなサイズで読みやすい「姉妹社版」を40年ぶりに復刊!
『いじわるばあさん 全6巻 長谷川町子』 詳細はこちら

 漫画家の長谷川町子さんの代表作「サザエさん」と「いじわるばあさん」は、光と影のような関係にある。「いじわるばあさん」は、きわどいいたずらを仕掛けるが、どこか憎めない。その魅力とは?

 1966(昭和41)年から71(昭和46)年に「サンデー毎日」で連載された「いじわるばあさん」。長谷川町子さんは「サザエさん」や「エプロンおばさん」を新聞などで連載していたが、人情味あふれる作風に行き詰まっていた。

「自分の中にある、ふつふつとしたもののはけ口を見いだせなかったようです」(長谷川町子美術館学芸員・橋本野乃子さん)

 そんな中、この作品が生まれた。愛想が悪い人の家にうな重を20人前も注文したり、不動産屋に売り家を案内させておいて、トイレだけ借りて帰るなど、容赦ないが、子どもや動物に愛情を注ぐ一面も描かれる。

「息子たちの家をたらい回しにされ、愛されたくても愛されない。そんな自分をいたずらで発散しつつも、時折見せる寂しさが魅力です」

「サザエさん」とは対照的な作品。光と影が対になって、共に強烈な個性を放つ。

週刊朝日  2013年12月13日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい