フクイチ汚染水流出 止まらぬ太平洋汚染の“意外”な事実

原発

2013/09/27 11:30

 安倍政権が後手に回っていた福島第一原発(フクイチ)の汚染水対策にようやく本腰を入れはじめた。安倍晋三首相は9月19日、フクイチを視察。停止中の5、6号機について、東京電力に「事故対処に集中するため、廃炉を決定してもらいたい」と要求した。安倍首相が珍しく“前のめり”なのには理由がある。

あわせて読みたい

  • 食品の放射性物質 厳戒の福島より近隣県にリスク

    食品の放射性物質 厳戒の福島より近隣県にリスク

    週刊朝日

    9/26

    食品安全検査は機材も人も足りずにお手上げ

    食品安全検査は機材も人も足りずにお手上げ

    週刊朝日

    6/7

  • 放射能は300年消えず。食品汚染の今 原発事故から4年、あの問題は…

    放射能は300年消えず。食品汚染の今 原発事故から4年、あの問題は…

    AERA

    3/2

    食品に含まれる放射性セシウム問題 近隣県が懸念する「茨城基準」拡大の影響

    食品に含まれる放射性セシウム問題 近隣県が懸念する「茨城基準」拡大の影響

    週刊朝日

    3/29

  • 福島第一原発“処理水”海洋放出 地元が猛反発しても国は放出ありき

    福島第一原発“処理水”海洋放出 地元が猛反発しても国は放出ありき

    週刊朝日

    6/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す