「風立ちぬ」ヒロインの声・瀧本美織が宮崎駿らに悩まされたこと 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「風立ちぬ」ヒロインの声・瀧本美織が宮崎駿らに悩まされたこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

透明で凛とした瀧本美織さんの声を聞いていると、どんな真夏日も涼やかな気持ちになってくるから不思議です。宮崎駿監督が5年ぶりに手がけた映画「風立ちぬ」のヒロイン・菜穂子の声はオーディションで勝ちとった役。死に直面しても強く佇(たたず)む少女は本当にはまり役でした。

「最近、声をほめていただくことが多いので、少しは自信を持っていいのかなって思えるようになりました」

人もうらやむ美声なのに、昔は「自分の声がちょっと苦手」だったそうです。

菜穂子が恋に落ちる相手・堀越二郎の声を演じたのは、「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明監督。録音現場では、2人の巨匠にそれぞれ助言されるので、「どっちの意見を聞けばいいの」と悩むこともあったとか。

週刊朝日  2013年7月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい