夫は朝立ちしてる? 性生活にときめきを取り戻す方法 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夫は朝立ちしてる? 性生活にときめきを取り戻す方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#男と女

 年を重ねるとともに変化が訪れる性の問題。中高年のセックスレスなどもたびたび問題視されるが、日本家族計画協会クリニック所長の北村邦夫医師は、性生活を潤わす“ときめき”の感じ方を伝授する。

*  *  *
 最近、“ごぶさた”だからとメークや下着をおろそかにするのもいただけません。時にはセクシーなもの、勝負下着を身に着けてみるといいですよ。

 女性の場合、中高年になって「夫から求められなくなりラクになった」「閉経してせいせいした」という人も多いと聞きますが、あんまり早く「卒業」するのもどうかと思います。人生の楽しみの種類は多いほうがいいでしょ? 先日、50代で初めて彼氏ができたという女性に会いましたが、生き生きして、ハッピーなオーラを出していましたよ。

 男性側がED(勃起障害)になったとしても、治療薬を上手に使えば勃起状態を保てます。男性の早朝勃起(朝立ち)は男性機能の一つのバロメーターですが、レム睡眠中に起こるので男性自身が自覚していないこともけっこう多い。朝立ちがなくなったのを単なる老化と思って放っておかないことです。重大な病気が隠れている場合もあるので、パートナーの朝の状態にも、関心を抱いてほしいですね。

 もちろん、セックス=結合ではありません。相手と見つめ合う、手を握る、語り合う。そんな行為も広義では性の関わりで、幸福感と安心感が増すものです。もし、子供が大きくなっているのに、お互いをパパ、ママとか、お父さん、お母さんとか呼び続けているなら、今からでも遅くありません、下の名前や愛称で呼んでみてください。ときめきが復活するかもしれませんよ!

週刊朝日 2013年3月29日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい