人工透析を回避する「腎がん」治療とは?

がん

2013/02/17 07:00

 腎臓にがんができると、これまでは全摘が一般的な治療法だった。しかし、からだの負担を減らす腹腔鏡下(ふくくうきょうか)手術での部分切除が可能な施設も増えている。20年前に腎がんを患い、右の腎臓を全摘していた神奈川県在住の中嶋三男さん(仮名・63歳)は、7年前、血尿が出たことがきっかけで、左の腎臓に再びがんが見つかった。

あわせて読みたい

  • 【腎がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? 腎臓全摘は慢性腎臓病(CKD)のリスクに

    【腎がん手術】患者はどう治療法を選べばいい? 腎臓全摘は慢性腎臓病(CKD)のリスクに

    dot.

    3/28

    【腎がん】若い人を含め、近年患者数が増加の一途 自覚症状が出にくいため、定期検診で早期発見を

    【腎がん】若い人を含め、近年患者数が増加の一途 自覚症状が出にくいため、定期検診で早期発見を

    dot.

    1/30

  • 腎臓1つをすべて切除していた「腎がん」の治療に変化! 部分切除が主流になった理由とは?

    腎臓1つをすべて切除していた「腎がん」の治療に変化! 部分切除が主流になった理由とは?

    dot.

    2/2

    【腎がん手術】腎機能を温存し慢性腎臓病のリスクを減らす治療法は? 専門医が解説

    【腎がん手術】腎機能を温存し慢性腎臓病のリスクを減らす治療法は? 専門医が解説

    dot.

    3/12

  • がん公表おぎやはぎ小木博明、健康オタクで助かった? 腎細胞がん早期発見は機能温存も

    がん公表おぎやはぎ小木博明、健康オタクで助かった? 腎細胞がん早期発見は機能温存も

    dot.

    8/14

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す