ボリショイ・バレエ硫酸事件 なぜ芸術監督が狙われた?

ロシア

2013/02/11 22:00

 ロシアのボリショイ・バレエ団の元トップダンサーで、現在は芸術監督を務めるセルゲイ・フィーリン氏(42)が1月17日夜、自宅前で何者かに襲われ、顔に硫酸をかけられた。ロシア事情に詳しい日本人ジャーナリストが言う。「セルゲイは、ロシアでは知らない人はいないほどの美男子。ダンサー時代からスター中のスターです」。

あわせて読みたい

  • バレエ団スターの顔に硫酸 衝撃事件の裏側

    バレエ団スターの顔に硫酸 衝撃事件の裏側

    AERA

    9/26

    ボリショイ・バレエ来日60周年 プリセツカヤ、マクシーモワ、ザハーロワ、スミルノワ…極上の美の系譜

    ボリショイ・バレエ来日60周年 プリセツカヤ、マクシーモワ、ザハーロワ、スミルノワ…極上の美の系譜

    AERA

    8/19

  • 世界で日本人バレリーナが活躍する理由は? 日本のバレエは4.0時代へ

    世界で日本人バレリーナが活躍する理由は? 日本のバレエは4.0時代へ

    AERA

    6/10

    マニュエル・ルグリが「バレエに集中」する理由

    マニュエル・ルグリが「バレエに集中」する理由

    AERA

    5/27

  • 東京バレエ団「ドン・キホーテ」開幕間近 ロシアバレエの英雄ワシーリエフ来日、連日熱のこもったリハ

    東京バレエ団「ドン・キホーテ」開幕間近 ロシアバレエの英雄ワシーリエフ来日、連日熱のこもったリハ

    Billboard JAPAN

    9/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す