人気銅版画家・山本容子氏が初めて京都をテーマにした銅版画集を発売

ゴールデンウィーク

2012/11/10 16:00

 小説家カポーティの世界、パリの街角、花が舞う装画…銅版画家・山本容子が描く世界は、「日本」を感じさせない。山本容子の名前を知らない人が作品を見たら、「どこの国の版画家?」と疑問に思うような開放感があるからだ。その山本が、日本の古都「京都」をテーマにした銅版画33点を収録した画集を発表した。どうして今、京都を描いたのか。

あわせて読みたい

  • 京都の本屋さんが選んだ京都ガイド大賞2018が決定! 12カ月をごはんとおやつで巡る京都旅

    京都の本屋さんが選んだ京都ガイド大賞2018が決定! 12カ月をごはんとおやつで巡る京都旅

    dot.

    11/5

    「本屋大賞2017」候補作紹介】『夜行』――謎の女と銅版画「夜行」を巡る物語

    「本屋大賞2017」候補作紹介】『夜行』――謎の女と銅版画「夜行」を巡る物語

    BOOKSTAND

    4/3

  • 底冷えの中、活気あふれる京の節分で“だるま集め”に興じる
    筆者の顔写真

    ナカムラユキ

    底冷えの中、活気あふれる京の節分で“だるま集め”に興じる

    dot.

    1/22

    魅力度ランキング2位「京都」に住んでわかる理想と現実

    魅力度ランキング2位「京都」に住んでわかる理想と現実

    ダイヤモンド・オンライン

    10/31

  • LINE京都オフィスに応募殺到 企業に“京都ブーム”のなぜ

    LINE京都オフィスに応募殺到 企業に“京都ブーム”のなぜ

    AERA

    2/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す