伝説のディーラーが断言「日本は世界一の劣等生だ」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

伝説のディーラーが断言「日本は世界一の劣等生だ」

連載「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#藤巻健史

 投資助言会社「フジマキ・ジャパン」の代表を務める、“伝説のディーラー”藤巻健史氏は、日本経済について「世界一の劣等生」だと見る。

*  *  *
 国力の通信簿と言える名目GDP(国内総生産)が80年以降、日本は1.9倍にしか増えていない。一方、米国は5.4倍にもなっているのだ。ちなみに中国は155倍、韓国は31倍である。

 さらに言えば、80年代後半の日本にはバブル期があったから、1.9倍に増えたのだ。バブルが崩壊し始めた90年と比べると1.04倍と、日本の国力は全く伸びていない。米国は2.6倍、中国は25倍、韓国は6.4倍である。日本の情けなさが目立つ。

 こういう分析を見れば、国の運営に何か「根本的な間違い」があるのではないかと、ふつうはあわてるものだ。それなのに日本の政治家、エコノミスト、マスコミは、大本営発表のように理由もなく「日本経済は強い」と言い切ったりする。能天気と思わざるを得ない。

 日本は世界一の劣等生になってしまった。それもGDPに対する比率で先進国中最悪の借金によってやっと、いまの生活レベルを保っている状態なのだ。その結果、馬車馬のごとく働いて返さなければならいほどの借金を子・孫・ひ孫に押し付けてしまった。

 枝葉末節な改善という次元の話ではない。「日本経済の実態は最悪である」という認識のもと、「市場原理が発達していないので、円が格段に高くなりすぎたせいだ」というのが私の分析だ。

週刊朝日 2012年10月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

藤巻健史

藤巻健史(ふじまき・たけし)/1950年、東京都生まれ。モルガン銀行東京支店長などを務めた。2013年7月の参院選で初当選。主な著書に「吹けば飛ぶよな日本経済」(朝日新聞出版)

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい