54億円がふいに 東芝子会社の下請けは実績なし

東芝

2012/10/09 16:00

 2006年12月に特許庁が開発を進め始めた新システム。しかし、今年1月24日、特許庁は「『東芝ソリューション』(東芝の100%子会社・以下、TSOL)がシステムの設計構造を理解していなかった」として、開発を中断した。この開発に投じられた公金は、54億円。一体どういうことなのか。週刊朝日は、TSOLから設計提案書作成を委託されたザクロス社を訪ねた。

あわせて読みたい

  • 54億円が消えた 新特許システム開発中止のムダ

    54億円が消えた 新特許システム開発中止のムダ

    週刊朝日

    10/9

    熾烈な国際特許戦争と日本の政策の危うさ

    熾烈な国際特許戦争と日本の政策の危うさ

    週刊朝日

    10/31

  • 不動産を「捨てられる」国・ドイツが抱える深刻な問題…“負動産大国”日本が学ぶべき教訓とは?

    不動産を「捨てられる」国・ドイツが抱える深刻な問題…“負動産大国”日本が学ぶべき教訓とは?

    dot.

    5/6

    古賀茂明「日の丸背負う三菱重工の“没落”と経産省失敗の本質」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「日の丸背負う三菱重工の“没落”と経産省失敗の本質」

    dot.

    12/25

  • 東芝歴代3社長らに3億円賠償請求 権力闘争で不正会計のお粗末

    東芝歴代3社長らに3億円賠償請求 権力闘争で不正会計のお粗末

    週刊朝日

    11/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す