田原総一朗氏、橋下氏は「柔軟性とバランス感覚ある」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗氏、橋下氏は「柔軟性とバランス感覚ある」

連載「ギロン堂」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本維新の会を旗揚げするやブームを巻き起こし、一方で批判の声もきかれる橋下徹氏。ジャーナリストの田原総一朗氏はそんな橋下氏に関心があるといい、実際に会った時の印象を次のように話している。

*  *  *
 私は橋下氏に、韓国の李明博大統領がやってきた竹島問題、日本政府が国有化を宣言して連日過激な反日デモが行われている尖閣問題について、どう対処すべきかを問うた。韓国が不当に実効支配している竹島に実力行使すべきか、とも問うた。

 橋下氏は、実力行使については明確に否定し、根気強く交渉をして共同管理を目指すべきではないか、と答えた。外交についてはほとんど素人である橋下氏は、竹島や尖閣の歴史についてずいぶん勉強していて詳しかった。鄧小平が、尖閣の決着は先の世代まで延ばそうと表明していたことなどを細かく説明した。

 その上で橋下氏は、「9月9日、ウラジオストクのAPEC首脳会議で、野田佳彦首相が中国の胡錦濤主席に尖閣国有化の意向を伝えたところ、胡主席は『断固反対』と強く拒否した。それにもかかわらず、わずか2日後の11日に国有化を決めたのは、胡主席のメンツをつぶしたことになるのではないか」と語った。私も橋下氏にまったく同意した。

 さらに橋下氏は、「中国を挑発するように東京都による買収を表明した石原慎太郎さんをもっと悪者扱いして、利用すればよかった」とも語った。私もそのとおりだと思う。

 ともかく、橋下氏は想像していたよりも柔軟性があり、バランス感覚のある人物であった。

週刊朝日 2012年10月12日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい