究極のリストラ? 「40歳定年制」の発案者・柳川範之東大大学院教授が語る

仕事

2012/08/04 07:00

 全員を有期雇用にして、定年は40歳に引き下げる。政府の国家戦略会議分科会が、こんな雇用モデルを打ち出した。「希望と誇りある日本」を取り戻すための将来像というのだが、非情なリストラ社会を招くだけではないのか。分科会の委員で発案者の柳川範之・東大大学院教授(49)に、真意を聞いた。

あわせて読みたい

  • 就職難を助長? 「40歳定年制」が若者の雇用にもたらす影響

    就職難を助長? 「40歳定年制」が若者の雇用にもたらす影響

    週刊朝日

    8/4

    「40歳定年制」で日本は復活できるか 東大教授が解説

    「40歳定年制」で日本は復活できるか 東大教授が解説

    週刊朝日

    1/9

  • 東大大学院教授が語るポストコロナ「入試偏重から卒業重視型へ」 究極的には入試廃止も!?

    東大大学院教授が語るポストコロナ「入試偏重から卒業重視型へ」 究極的には入試廃止も!?

    AERA

    8/28

    不妊治療、70歳定年制から見えてくる「少子高齢化」への「待ったなし」の状況
    筆者の顔写真

    小泉正典

    不妊治療、70歳定年制から見えてくる「少子高齢化」への「待ったなし」の状況

    dot.

    1/4

  • 理研で365人が雇い止め 改正労働契約法の“抜け道”が生んだ悲劇

    理研で365人が雇い止め 改正労働契約法の“抜け道”が生んだ悲劇

    AERA

    2/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す