坂本弁護士一家殺害事件 家族を皆殺しにしたオウムの残忍さ

2012/07/06 07:00

 オウム真理教が起こした数々の事件の中でも、特に残虐極まりない、凶悪な犯行が、坂本堤弁護士一家殺人事件だ。1989年11月4日、横浜法律事務所に勤めていた坂本堤(つつみ)弁護士(当時33)、その妻・都子(さとこ)さん(同29)、長男・龍彦ちゃん(同1)が惨殺された。

あわせて読みたい

  • オウムの暴走は「善悪の反転」上祐史浩が明かすカルトの病理

    オウムの暴走は「善悪の反転」上祐史浩が明かすカルトの病理

    AERA

    4/12

    オウム麻原彰晃 暴走へのきっかけは「修行中の事故死」隠し

    オウム麻原彰晃 暴走へのきっかけは「修行中の事故死」隠し

    週刊朝日

    6/14

  • 「グル(麻原彰晃)の指示なら、人を殺すことも喜び」<教団エリートの「罪と罰」(2)>

    「グル(麻原彰晃)の指示なら、人を殺すことも喜び」<教団エリートの「罪と罰」(2)>

    週刊朝日

    7/6

    江川紹子が見つめ続けた「オウム真理教事件とは何だったのか」

    江川紹子が見つめ続けた「オウム真理教事件とは何だったのか」

    AERA

    7/6

  • 14人目の死刑囚になるはずだった村井秀夫 母親が語ったその闇とは?

    14人目の死刑囚になるはずだった村井秀夫 母親が語ったその闇とは?

    週刊朝日

    7/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す