天体の運行とともに生きてきた人々の智恵「冬至」

2021/12/21 20:30

「冬至」は昼の時間が一年で一番短くなる日。太陽の高さが最も低くなるところから、昇った太陽も長く空にあることなく沈んでいきます。この日を境にして日脚は伸びていきます。新暦の現代ではクリスマスや忘年会と活気づき、年の瀬から新年へ移り変わる忙しい時期と重なっています。旧暦では人々の生活の中に根付いた文化がありました。それは現代の私たちにとっても季節を感じる大切な節目であることには変わりありません。ひとしきり歩みを緩めて、今年は「冬至」をていねいに過ごしてみませんか?

あわせて読みたい

  • 夜のもっとも長い「冬至」人々はどのように過ごしてきたのでしょう?

    夜のもっとも長い「冬至」人々はどのように過ごしてきたのでしょう?

    tenki.jp

    12/21

    二十四節気「冬至」。これから一陽来復と行きましょう!

    二十四節気「冬至」。これから一陽来復と行きましょう!

    tenki.jp

    12/21

  • 冬至です! 昼の時間が一年で一番短い日、だから忙しく感じるの?

    冬至です! 昼の時間が一年で一番短い日、だから忙しく感じるの?

    tenki.jp

    12/22

    一陽来復!江戸時代から続く冬至の日の過ごし方。東京・早稲田「穴八幡宮」で金運UP

    一陽来復!江戸時代から続く冬至の日の過ごし方。東京・早稲田「穴八幡宮」で金運UP

    tenki.jp

    12/21

  • 【生活スタイル】一年で最も日が短くなる冬至=日が伸び始めるスタートの日

    【生活スタイル】一年で最も日が短くなる冬至=日が伸び始めるスタートの日

    12/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す