写真・図版 | 震災10年の福島に迫る汚染水放出で「生きるか死ぬか」と悲鳴 消えない風評被害と闘う地元漁師の苦悩〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

震災10年の福島に迫る汚染水放出で「生きるか死ぬか」と悲鳴 消えない風評被害と闘う地元漁師の苦悩 1/3

このエントリーをはてなブックマークに追加
野村昌二AERA#原発#東日本大震災

福島第一原発の事故を受け、今も福島では「試験操業」が続く。福島の魚の水揚げ量は、事故前のわずか14%。漁師たちは「風評被害が一番怖い」と声をそろえる (c)朝日新聞社

福島第一原発の事故を受け、今も福島では「試験操業」が続く。福島の魚の水揚げ量は、事故前のわずか14%。漁師たちは「風評被害が一番怖い」と声をそろえる (c)朝日新聞社

[ニュースの記事写真をもっと見る]

記事に戻る


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい