写真・図版 | 舞台「海辺のカフカ」が蜷川作品の中で“特別”になったワケ〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

舞台「海辺のカフカ」が蜷川作品の中で“特別”になったワケ 2/2

このエントリーをはてなブックマークに追加
山口宏子AERA

学生運動で命を落とした恋人を忘れられない佐伯さんを演じた寺島しのぶ。その後、図書館館長としてカフカ少年と遭遇する[写真:KOS-CREA(国際交流基金提供)]

学生運動で命を落とした恋人を忘れられない佐伯さんを演じた寺島しのぶ。その後、図書館館長としてカフカ少年と遭遇する[写真:KOS-CREA(国際交流基金提供)]

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい