写真・図版 | 野宿者が凍死…ホームレスの現実「知った以上、変えたい」 支援する男性〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ AERA 記事 写真・図版

野宿者が凍死…ホームレスの現実「知った以上、変えたい」 支援する男性 

このエントリーをはてなブックマークに追加
渡辺豪AERA

一般社団法人つくろい東京ファンド 稲葉剛(48)/「困っている人との対話を通してしか、本当に必要な事業は生まれない」が信条。2014年、東京都中野区に空き家を利用した生活困窮者のための個室シェルター「つくろいハウス」を開設。現在は都内4区に23部屋(撮影/編集部・渡辺豪)

一般社団法人つくろい東京ファンド 稲葉剛(48)/「困っている人との対話を通してしか、本当に必要な事業は生まれない」が信条。2014年、東京都中野区に空き家を利用した生活困窮者のための個室シェルター「つくろいハウス」を開設。現在は都内4区に23部屋(撮影/編集部・渡辺豪)

[教育の記事写真をもっと見る]

記事に戻る


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい