将棋が心を整える! 高橋和女流三段が教える「しょうぎテラコヤ」での学び風景

 9月中旬、東京・吉祥寺にある将棋サロン「将棋の森」の子ども教室「しょうぎテラコヤ」を訪ねると、ワイワイした講義風景が見られた。指導役は、高橋和(やまと)女流三段(44)だ。対局の時間になると、子どもたちは一気に集中モードに。教室に響くのは駒音だけになった。子どもたちのマナーの良さに驚いた。

【関連記事】
「負けました」が人を育てる! 羽生善治九段も考える将棋“感想戦”の重要性とは?

撮影/写真部・松永卓也 ※AERA 2020年10月5日号

あわせて読みたい

  • 「負けました」が人を育てる! 羽生善治九段も考える将棋“感想戦”の重要性とは?

    「負けました」が人を育てる! 羽生善治九段も考える将棋“感想戦”の重要性とは?

    AERA

    10/5

    将棋女子ならぬ将棋madamも登場 広がる将棋の世界

    将棋女子ならぬ将棋madamも登場 広がる将棋の世界

    AERA

    7/16

  • 直木賞作家、将棋で番狂わせ 高橋和女流初段に勝った!
    筆者の顔写真

    黒川博行

    直木賞作家、将棋で番狂わせ 高橋和女流初段に勝った!

    週刊朝日

    10/22

    “まゆゆ”も? 強くて、駒っちゃう?美しき「女流棋士」

    “まゆゆ”も? 強くて、駒っちゃう?美しき「女流棋士」

    週刊朝日

    5/30

  • “怪童”村山聖さんは博打勝負も「強かった」 作家・黒川博行が振り返る
    筆者の顔写真

    黒川博行

    “怪童”村山聖さんは博打勝負も「強かった」 作家・黒川博行が振り返る

    週刊朝日

    10/15

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す