【写真特集】線路がなくても「ロマン」を感じる|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【写真特集】線路がなくても「ロマン」を感じる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 廃線となった跡を歩く。ただそれだけなのに、夢中になれる。そこには往年の姿を彷彿させる痕跡も。「廃線先生」で知られる松本典久さんが、とっておき九つの廃線跡を紹介する。

写真=松本典久

【関連記事】
使われなくなった鉄路がなぜ人気に? 「廃線先生」が挙げる9つの廃線跡

AERA 2020年9月28日号


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい