【アンケート・コロナと県民性】独自の対策や県民性をうかがわせる取り組み|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【アンケート・コロナと県民性】独自の対策や県民性をうかがわせる取り組み

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの影響が国内各地で広がるなか、「県民性」をうかがわせるようなコロナ対策や動きが出ている。編集部はこうした取り組みなどをさぐろうと、全都道府県にアンケートを実施。祭りや宴会、商慣習などで地元の思いを強く反映するものが目立った。

↓アンケート結果はこちら↓
【1】青森県、岩手県、山形県、栃木県、群馬県、千葉県
【2】東京都、神奈川県、新潟県、富山県、福井県、山梨県、長野県、静岡県、三重県
【3】滋賀県、大阪府、兵庫県、鳥取県
【4】岡山県、広島県、香川県、高知県、佐賀県、熊本県、大分県

※各都道府県の回答をもとに、紙幅の都合により編集部で短くするなど一部ととのえた。回答は7月末時点。表に掲載のない北海道、宮城県、秋田県、福島県、茨城県、埼玉県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府、奈良県、和歌山県、島根県、山口県、徳島県、愛媛県、福岡県、長崎県、鹿児島県、沖縄県は「該当なし」などと回答。宮崎県は回答辞退

週刊朝日  2020年8月28日号


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい