防空壕で町おこしする台湾の若者たち|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

防空壕で町おこしする台湾の若者たち

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本統治期の建築や構造物をリノベーションしたり、戦後もそのまま使ったりすることが当たり前の台湾。北部を代表する港町、基隆では日本時代に掘られた防空壕を町おこしに活用しようと、若者たちが動き出している。

【関連記事】
台湾の若者たちの“防空壕で町おこし”

写真&取材=ジャーナリスト・松田良孝

AERA 2017年9月11日号