防空壕で町おこしする台湾の若者たち

 日本統治期の建築や構造物をリノベーションしたり、戦後もそのまま使ったりすることが当たり前の台湾。北部を代表する港町、基隆では日本時代に掘られた防空壕を町おこしに活用しようと、若者たちが動き出している。

【関連記事】
台湾の若者たちの“防空壕で町おこし”

写真&取材=ジャーナリスト・松田良孝

AERA 2017年9月11日号

あわせて読みたい

  • 台湾の若者たちの“防空壕で町おこし”

    台湾の若者たちの“防空壕で町おこし”

    AERA

    9/9

    墨田区が台湾とブランド戦略で連携 両者のコラボが相性良好なワケ

    墨田区が台湾とブランド戦略で連携 両者のコラボが相性良好なワケ

    AERA

    12/1

  • 漂着ごみでボートづくり!? 台湾リゾートを襲う中国製のごみを使った意外な環境問題アピールとは

    漂着ごみでボートづくり!? 台湾リゾートを襲う中国製のごみを使った意外な環境問題アピールとは

    AERA

    5/19

    昭和天皇の防空壕

    昭和天皇の防空壕

    8/5

  • 墨田区職人×台湾デザインで“化学反応” 海外進出で生まれる「高付加価値」

    墨田区職人×台湾デザインで“化学反応” 海外進出で生まれる「高付加価値」

    AERA

    12/1

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す