「教育は遺伝に勝てるか?」に関する記事一覧

「やればできる」は遺伝学的には錯覚 「子どもには無限の可能性がある」と考えない方が良い心理学的理由
「やればできる」は遺伝学的には錯覚 「子どもには無限の可能性がある」と考えない方が良い心理学的理由

ふたご研究の第一人者で、行動遺伝学や教育学の専門家の安藤寿康さんは、「教育とは何か」「人はなぜ教育するのか」を生物学的な観点から研究している。「やればできる」は遺伝学的には錯覚だと指摘する安藤さんが、「教育は遺伝に勝てるか?」という究極の問いに迫る。

dot.
“親ガチャ”と遺伝の関係 本来の意味を超えて広がった背景とは
“親ガチャ”と遺伝の関係 本来の意味を超えて広がった背景とは
ここ数年耳にするようになった「親ガチャ」という言葉。「双生児法」を用いた研究の第一人者で、行動遺伝学や教育学を専門とする安藤寿康さんは、人間のさまざまな能力に、遺伝と環境がどのように影響するかを調べている。『教育は遺伝に勝てるか?』の著書があり、「親ガチャ」を説明するために自身の研究がしばしば引用されるという安藤さんに、遺伝と教育の関係について話を聞いた。
朝日新聞出版の本読書書籍安藤寿康教育は遺伝に勝てるか?
dot. 12/14
1万組以上のふたごを調査してわかった「遺伝の誤解」 子の“適性”の見つけ方
1万組以上のふたごを調査してわかった「遺伝の誤解」 子の“適性”の見つけ方
30年以上にわたり、1万組を超えるふたごを調査し、人間の行動に遺伝がどのように影響するかを研究してきた安藤寿康さん最新刊『教育は遺伝に勝てるか?』では、5組の一卵性双生児の事例を取り上げた。まったく同じ遺伝子を持つ2人は、それぞれ独立した人格でありながら、まるで遺伝子に導かれるように、類似した人生経験を選び取る。遺伝とは何なのか?子育てにおいて重視すべきこととは?安藤さんに話を聞いた。
朝日新聞出版の本読書書籍安藤寿康教育は遺伝に勝てるか?
dot. 12/7
行動遺伝子学から考える未婚・既婚での“女性の自由度”の差 環境で異なる遺伝の影響
行動遺伝子学から考える未婚・既婚での“女性の自由度”の差 環境で異なる遺伝の影響
1960年代にアメリカで行われた17歳のふたご900組弱を対象としたアルコールや薬物依存と問題行動と住む環境ついての研究では、女子に関してのみ、遺伝の影響については都会の方が大きく(都会44%、田舎2%)、共有環境は都会より田舎の方が大きい(都会9%、田舎62%)という傾向にあった。このような女性の住環境の自由度の違いに対して、結婚しているか、していないかの角度から見た研究がある。行動遺伝学者の安藤寿康氏の新著『教育は遺伝に勝てるか?』(朝日新書)から一部を抜粋、再編集して紹介し、行動遺伝学の視点からみた“女性の自由度”について紹介する。
朝日新聞出版の本遺伝教育教育は遺伝に勝てるか?
dot. 8/19
都会と田舎、家庭の裕福さは社会における自由さに関係するのか? 行動遺伝学的視点で考える
都会と田舎、家庭の裕福さは社会における自由さに関係するのか? 行動遺伝学的視点で考える
親の収入が子どもの学力に与える影響は、残念ながら確実にある。金銭的に豊かなほど、お金を使う自由度があがり、勉強好きな子どもは知的活動にそれを費やし、そうでない子どもはそれ以外のところに費やす。多くの“環境”に触れた結果、“遺伝的素質”が十分に発揮される。一方経済的に恵まれていない家庭の子どもは、選べる環境にあまり自由度がない。すると親がどんな“環境”をつくったかが大きく影響を与える。限られた収入を子どもの教育に使うか、親が遊ぶために使うかで、子どもの成績も大きく違ってくるということだ。このように行動遺伝学者の安藤寿康氏は分析する。同氏の新著『教育は遺伝に勝てるか?』(朝日新書)から一部を抜粋、再編集して紹介し、行動遺伝学の視点からみた“社会における自由”を考える。
朝日新聞出版の本遺伝教育教育は遺伝に勝てるか?
dot. 8/18
“テスト”は百害あって一利なし 学校教育の実質的側面と形式的側面
“テスト”は百害あって一利なし 学校教育の実質的側面と形式的側面
18世紀からの産業化に伴い社会に出るために必要な知識を学ぶ“学校”が作られた。その知識を生きるためにどう役立てるかという価値観から、近代になってからはいつのまにかテストで良い成績を取ること自体に価値があるという発想に陥っていった。手段と目的が入れかわってしまったのである。「学校教育の実質的側面と形式的側面の区別はきちんと意識しておきましょう」と語るのは慶應義塾大学教授の安藤寿康氏だ。同氏の新著『教育は遺伝に勝てるか?』(朝日新書)から一部を抜粋、再編集し、“学校”とは何かを紹介する。
朝日新聞出版の本遺伝教育教育は遺伝に勝てるか?
dot. 8/17
どんな子も教育環境から遺伝的才能を開花させ独自の“生きる世界像”を創造する
どんな子も教育環境から遺伝的才能を開花させ独自の“生きる世界像”を創造する
教育において「遺伝」の話をすると、親がどう育てたとしても、結局子どもはなるようにしかならない、一生変わらないと考えてしまいがちである。そう言ってしまっては子育ても教育も意味がなくなってしまうので、ほとんどの育児マニュアルでは「遺伝の影響は全くない」と主張されることが多い。しかし、現実を見ると遺伝の影響がないとは言い切れないことが山ほどある。行動遺伝学者の安藤寿康氏の新著『教育は遺伝に勝てるか?』(朝日新書)から一部を抜粋、再編集し、遺伝と環境の影響について紹介する。
朝日新聞出版の本遺伝教育教育は遺伝に勝てるか?
dot. 8/16
15歳から変わる遺伝と環境のバランス 「非行」は環境の影響「犯罪」は遺伝が関わる
15歳から変わる遺伝と環境のバランス 「非行」は環境の影響「犯罪」は遺伝が関わる
行動遺伝学者の安藤寿康氏は、たばこ、アルコール、麻薬などの物質依存や非行や犯罪に関する遺伝と環境の影響について、家庭環境の影響があるものも少なくはないと示している。同氏の新著『教育は遺伝に勝てるか?』(朝日新聞出版)から一部を抜粋、再編集し、環境による非行と犯罪への影響と遺伝子の関わりを紹介する。
朝日新聞出版の本遺伝教育教育は遺伝に勝てるか?
dot. 8/15
多動・不注意傾向の強弱から見る、子どもの問題行動と親の厳しさの因果関係
多動・不注意傾向の強弱から見る、子どもの問題行動と親の厳しさの因果関係
「行動遺伝学的視点に立つと、ヒトはどんなときでも、遺伝の影響を受けながら環境に対して能動的に自分自身をつくり上げている存在であることがわかる。」と、慶應義塾大学教授で行動遺伝学者の安藤寿康氏はいう。同氏の新著『教育は遺伝に勝てるか?』(朝日新書)では、子育てマニュアルにはない科学的に見た子どもを取り巻く環境としての“子育て”について書かれている。同著から一部を抜粋、再編集し、子どものしでかす問題行動に親ができることを紹介する。
朝日新聞出版の本遺伝教育教育は遺伝に勝てるか?
dot. 8/14
遺伝的素質を発揮できない子どもたち 経済的に恵まれない家庭にはサポートをの根拠とは
遺伝的素質を発揮できない子どもたち 経済的に恵まれない家庭にはサポートをの根拠とは
子育て本の多くは、親のふるまい方が子どもの性格や能力の原因であるかのように書かれているものが多い。行動遺伝学研究者・安藤寿康氏は、子どもの成長に大きな影響を与えるもう一つの要因、「遺伝」に着目。科学的知見に基づいて子育てを考える。安藤氏は、新著『教育は遺伝に勝てるか?』(朝日新書)の中で、子どもの学力への影響要因について調べた大規模な研究結果を紹介。読み聞かせを行うなどの親のはたらきかけは、一定の影響を及ぼすが、しかし遺伝的素因を乗り越えるほどではなかったと説いた。さらに、家庭の収入や社会階層といった社会経済的状況も子どもの学力に大きく影響を及ぼすことが明らかにされているが、そこにはひとつの誤解があった。その内容を、同著から一部を抜粋、再編集し、紹介する。
朝日新聞出版の本遺伝教育教育は遺伝に勝てるか?
dot. 8/13
育て方と学力、ふたごを調べて分かった、学力に有意にかかわっていた4つの項目
育て方と学力、ふたごを調べて分かった、学力に有意にかかわっていた4つの項目
育て方は、子どもの学力とどの程度関係しているのだろうか。このテーマについては、教育心理学や発達心理学など様々な分野から研究結果が報告されている。ただし、注意しないといけないのは、こうした研究はえてして親が原因なのか子どもが原因なのかの区別がされていないということだ。これに対して、行動遺伝学の第一人者である安藤寿康氏は、遺伝と環境の影響を分けて分析することができる「双生児法」を紹介。はたして親の努力はむくわれるのか。安藤氏の新著『教育は遺伝に勝てるか?』(朝日新書)から一部を抜粋、再編集し、紹介する。
朝日新聞出版の本遺伝教育教育は遺伝に勝てるか?
dot. 8/12
学力への影響は「遺伝」が50%、「環境」が30% 親が与える教育環境はどう作用するのか
学力への影響は「遺伝」が50%、「環境」が30% 親が与える教育環境はどう作用するのか
親として、子どもの知能や学校の成績は気になるものだ。そして、賢く感受性豊かな子に育てようと、絵本の読み聞かせをしてあげたり、家庭教師や塾や予備校にお金を出すなどのいろいろな工夫をする。それは自分の遺伝子を受け継いだ子の幸福のために行う、本能的ともいうべきヒト特有の行動だと行動遺伝学研究者・安藤寿康氏は説明する。では、親が心を砕いて子どものために用意するこうした教育的な働きは、どのように結果に結びつくのだろうか。安藤氏の新著『教育は遺伝に勝てるか?』(朝日新書)から一部を抜粋、再編集し、紹介する。
朝日新聞出版の本遺伝教育教育は遺伝に勝てるか?
dot. 8/11
人間は「教育」がなければ生きられない それは生き延びるために獲得した本能的生存戦略だ
人間は「教育」がなければ生きられない それは生き延びるために獲得した本能的生存戦略だ
親は、自分の遺伝子を受け継いだ子の幸福を願い、自分にできる最良のことをしてあげたいと思う。子どものために親が与えられるものには、もちろん衣食住という基本的なものがまず挙げられる。行動遺伝学の第一人者・安藤寿康氏は、新著『教育は遺伝に勝てるか?』(朝日新書)の中で、人間が生きるために必要不可欠なものとして、もう一つ「教育」をあげた。その内容を、同著から一部を抜粋、再編集し、紹介する。
朝日新聞出版の本遺伝教育教育は遺伝に勝てるか?
dot. 8/10
この話題を考える
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
50歳から早めの終活

50歳から早めの終活

人生100年時代、50歳はようやく折り返し地点といったところ。けれども、人生後半戦を安心して楽しむには、50歳から準備すべきことがたくさんあります。 老後資金はいくら必要か、年金はいくらもらえるか、お葬式やお墓はどうするか――。つい先送りしたくなる宿題への備えを取材しました。

5分でわかる! 新NISA

5分でわかる! 新NISA

2024年1月から大幅な制度拡充となったNISA。何から始めていいのかいまだに分からない人も多いのでは。新NISAは制度が恒久化するだけでなく非課税投資枠が拡大し、個人投資家にとって使い勝手がいい。すでに始めた人も、そうでない人も、いまいちど制度の内容を復習しよう。

新NISA
子のパーソナリティは遺伝で決まるのか 「親の育て方しだいではない」と行動遺伝学研究者
子のパーソナリティは遺伝で決まるのか 「親の育て方しだいではない」と行動遺伝学研究者
子どもの能力や性格は、環境しだい、親の育て方しだいと錯覚しがちだ。しかし、子育てマニュアル本に書かれてあるような単純な因果関係ではなく、遺伝と環境の両方の影響を考えることが必要だと説くのは、行動遺伝学研究者の安藤寿康氏だ。安藤氏は、新著『教育は遺伝に勝てるか?』(朝日新書)の中で、ふたごの類似性を分析することで、人間の行動に及ぼす遺伝や環境の影響の大きさを導き出せると解説する。協調性や集中力、勤勉性といった子どものパーソナリティの責任は親の育て方にあるのか。同著から一部を抜粋、再編集し、紹介する。
朝日新聞出版の本遺伝教育教育は遺伝に勝てるか?
dot. 8/9
ジェットコースターと肝試し、怖がる“遺伝子”は別 科学の知見から覆す遺伝への先入観
ジェットコースターと肝試し、怖がる“遺伝子”は別 科学の知見から覆す遺伝への先入観
同じ親から生まれたきょうだいにもかかわらず、全く似ていないことがある。それは生命の本質「ランダムネス(ランダムであること)」から生じるありきたりな現象だった。エンドウマメの交配実験をおこなったメンデルは、背丈やマメの色などの形質(生物学的な特徴)はそれぞれ別個に、そして組み合わせはランダムに遺伝するという「独立の法則」を発見した。行動遺伝学研究者・安藤寿康氏は、複数の遺伝子が基本的には「独立の法則」に従って受け継がれるため、実は平凡な親からノーベル賞学者が生まれる可能性もあると説く。安藤氏が上梓した『教育は遺伝に勝てるか?』(朝日新書)から一部を抜粋、再編集し、紹介する。
朝日新聞出版の本遺伝教育教育は遺伝に勝てるか?
dot. 8/8
1
カテゴリから探す
ニュース
村上春樹がロシアで発禁に?プーチン政権下でLGBT関連“禁書騒動” 252冊のリストの真相【独自】
村上春樹がロシアで発禁に?プーチン政権下でLGBT関連“禁書騒動” 252冊のリストの真相【独自】
プーチン大統領
dot. 2時間前
教育
「英会話できて当然」の風潮も 英語を使う部署でなくても企業で強まる語学力重視の理由
「英会話できて当然」の風潮も 英語を使う部署でなくても企業で強まる語学力重視の理由
最強ビジネス英語
AERA 5時間前
エンタメ
岩田剛典が「前例のない」単独アリーナツアー開催 あらゆる活動の原動力は「挑戦心」
岩田剛典が「前例のない」単独アリーナツアー開催 あらゆる活動の原動力は「挑戦心」
AERA 2時間前
スポーツ
<ドジャースデビュー戦きょう生中継〉大谷翔平がアメリカの「野球少年の母」にとことん好かれる理由
<ドジャースデビュー戦きょう生中継〉大谷翔平がアメリカの「野球少年の母」にとことん好かれる理由
大谷翔平
dot. 6時間前
ヘルス
【ロボット手術】6つの機種の違いを徹底分析 ダビンチ以外も続々登場 適応を受けている領域一覧も掲載
【ロボット手術】6つの機種の違いを徹底分析 ダビンチ以外も続々登場 適応を受けている領域一覧も掲載
いい病院
dot. 20時間前
ビジネス
日経平均が史上最高値更新 それでも値上がり余地がある「出遅れ株」は? 専門家が注目する10銘柄
日経平均が史上最高値更新 それでも値上がり余地がある「出遅れ株」は? 専門家が注目する10銘柄
日経平均株価
dot. 2/25