RADWIMPS野田洋次郎さんがAERAの表紙&インタビューに初登場!撮影は蜷川実花 |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

RADWIMPS野田洋次郎さんがAERAの表紙&インタビューに初登場!撮影は蜷川実花

巻頭特集は「実録!各社のテレワーク 脱『思い込み』の3カ月」/6月15日発売号で

このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月15日発売のAERAの表紙に、RADWIMPSの野田洋次郎さんが登場します。野田さんがAERAの表紙を飾るのは、今回が初めてです。新型コロナウイルスの感染拡大で世界中が閉塞感に覆われるなか、立て続けに新曲を発表したRADWIMPS。国内ツアーは延期、ワールドツアーは中止を余儀なくされる中で、どんな思いを込めたのか。インタビューで率直に語っています。この号の特集は、「実録!各社のテレワーク 脱『思い込み』の3カ月」。コロナ禍で時差出勤やテレワークへの待ったなしの移行を迫られた企業の中で、何が起きていたのかをルポしているほか、「従業員シェア」「出勤オフ派遣」といった新しい働き方についても取材しました。

 6月15日発売のAERA 6月22日号は、バンド「RADWIMPS」のフロントマンで、俳優としても活躍する野田洋次郎さんを表紙に起用しました。3月から5月にかけて、3曲もの新曲を発表。新型コロナウイルスの感染拡大が進む中、なぜそんなことができたのか、聞きたかったからです。実際に会って尋ねると、ワールドツアーの中止でかなり落ち込み、「どうやってメンタルを保てばいいのかわからなくなってしまった」と意外な答え。インタビューでは、そこから立ち直る過程をつぶさに語っていただきました。

 野田さんが今回のコロナ禍で感じたのは「何が起きても自分の足で歩いていくしかないんだな」ということ。「バンドを始めた頃のようなマインドに戻っている」とも語っています。「皆と同じ時代に生きて同じ空気を吸って感じたことを、音楽にし続けていくしかない」という言葉には、ミュージシャンとしての覚悟がにじんでいました。

 この号の巻頭特集「実録!各社のテレワーク 脱『思い込み』の3カ月」では、メルカリ、楽天、アース製薬に取材。好むと好まざるとに関わらず、社員の働き方を変えていかなければならなかった企業の内部でいったい何が起きていたのか。経営陣と社員の間では、どんなコミュニケーションがなされていたのかをルポしています。それぞれのケースから、この先の未来を歩いて行くために企業にとって必要なことが見えてきました。

 需要が減った企業の社員が需要が増えた企業に出向するという形で「従業員をシェア」し、雇用や給与を守ろうという新しい動きについても取材。アソビューの山野智久社長が呼びかけた「災害時雇用維持シェアリングネットワーク」や、飲食デリバリー「出前館」とタクシーアプリを運営する「モビリティテクノロジーズ」の提携で実現したタクシーによるフードデリバリーについて、レポートしています。派遣社員の新しい働き方「出勤オフ派遣」も派遣という働き方の幅を広げる可能性を秘めています。

 この号には、フレンチレストラン「OGINO」のアスリートシェフこと荻野伸也さんを先生に、「在宅太り」解消のための鶏と野菜のレシピを教わる特別企画も掲載。代謝のいい体を作る「タンパク質とビタミン」がたっぷり取れる3品を、食べ方のアレンジも含めてご紹介しています。

 ほかにも、
・最前線で新型コロナウイルス感染症の治療にあたる医師の告白
・「みんなが被害を実感」したから新しい寄付文化が生まれた
・LGBTの人々が抱く「予期せぬアウティング」の不安
・若草物語「いざとなったら主張する女子」たちだから古びない
・持続化給付金、マスク…安倍政権の「利益誘導慣れ」が怖い
・池田大作研究 世界宗教への道を追う 連載第24回 「夕張大会での握手」
 などの記事を掲載しています。

【概要】
AERA(アエラ)2020年6月22日号
定価:364円+税
発売日:2020年6月15日(月曜日)
https://www.amazon.co.jp/dp/B088N3XRHH


トップにもどる お知らせ一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい