書評『女ともだち 靜代に捧ぐ』早川義夫著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

女ともだち 靜代に捧ぐ 早川義夫著

朝山 実書評#話題の新刊#読書

 夫婦とは何だろう?いなくなってみて初めてありがたみに気づくとはよく言われることだ。歌手で、『ぼくは本屋のおやじさん』で知られる著者が、ひと目惚れして学生結婚した妻のことを綴ったエッセイ集だ。

 妻に先立たれた男の切ない話だが、呆れと羨望を交えて読めてしまうのは、妻も娘も公認の「恋人」づくりに浮かれていた日々が包み隠さず披瀝されるからだろう。彼女へのプレゼント選びに楽しげに協力する妻。なぜ嫉妬しないのか。妻は「二号さんの子どもと親友だったからかな」と答えている。

 しかし妻の病を知ったとたん、のん気な夫は歌手活動を休止し、二人の時間を選択する。一見「常識外の夫婦」だが、読み進むうちに理解できてくるものがある。40年前、夫婦で営んだ書店で「レジ係」だった妻の楽しい文章が収録されているのがいい。(朝山 実)

週刊朝日  2021年2月5日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい