書評『うたうおばけ』くどうれいん著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

うたうおばけ くどうれいん著

このエントリーをはてなブックマークに追加
後藤明日香書評#話題の新刊

 2018年に出版されて話題となった『わたしを空腹にしないほうがいい』に続く2冊目のエッセー集。歌人、俳人など様々な顔をもつ1994年生まれの著者が、高校から大学、そして会社員生活までを勢いよく綴る。

 著者は岩手県盛岡市出身。大学入学とともに仙台市に出た後、再び盛岡に戻った。そのため、エッセーにも東北の風土がそこかしこに表れている。たとえば「もっつもっつ」と降る雪、夏野菜でつくる「だし」、三陸で朝採れた殻つきの生うに。それらは彼女の語る等身大の日常に、静かな彩りをもたらしている。

 個性豊かな「ともだち」との交流も魅力的だ。彼ら彼女らとの忘れられない、忘れたくない数々のシーンが、確かな筆力で書きとめられている。章の表題にもある「エリマキトカゲ」のように、勇ましく駆け抜けていく筆致を楽しみながら読みたい。(後藤明日香)

週刊朝日  2020年9月18日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい