記憶の盆をどり

ベストセラー解読

2019/10/25 17:45

 町田康の、ここ15年来の活躍ぶりには瞠目するしかない。『告白』などの歴史小説で高い評価を得る一方、現代モノでも次々と快作を送り出してきた。それらの多くは長篇なのだが、町田は、「権現の踊り子」で川端康成文学賞を受賞している短篇の名手でもある。その手腕があれこれ発揮された『記憶の盆をどり』は、9編の短篇で編まれている。

あわせて読みたい

  • 注目の「人形供養」には2つの面が… 「物供養」の背景にある日本独特の文化とは
    筆者の顔写真

    鈴子

    注目の「人形供養」には2つの面が… 「物供養」の背景にある日本独特の文化とは

    dot.

    10/14

    ギケイキ 千年の流転

    ギケイキ 千年の流転

    週刊朝日

    7/7

  • 日本の国会のパロディーも? 町田康の“猫”作品集

    日本の国会のパロディーも? 町田康の“猫”作品集

    週刊朝日

    12/24

    美しくも哀調を帯びた幻想的な世界。9/1から富山市越中八尾にて、「おわら風の盆」本祭始まる

    美しくも哀調を帯びた幻想的な世界。9/1から富山市越中八尾にて、「おわら風の盆」本祭始まる

    tenki.jp

    8/29

  • つくもがみ笑います

    つくもがみ笑います

    週刊朝日

    4/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す