書評『日本の異国 在日外国人の知られざる日常』室橋裕和著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

日本の異国 在日外国人の知られざる日常 室橋裕和著

このエントリーをはてなブックマークに追加
内山菜生子書評#話題の新刊

 日本に在留する外国人は昨年末に270万人を突破し、同郷の外国人たちが寄り集まる「異国」が全国各地に形成されている。東京・新大久保や静岡県御殿場市など15地域をルポライターが訪ねた。

 足立区竹ノ塚ではフィリピンパブが地元に溶け込み、パキスタン人がモスクに集まる埼玉県八潮市は「ヤシオスタン」と呼ばれる。一方、同県蕨市ではクルド難民たちがいつ身柄を拘束されるとも知れない。寺院や工場、団地などコミュニティの拠点は様々で、ときには日本社会と摩擦が生じるが、それぞれのやり方で融和に努める。

 外国人は今や日本社会を支える貴重な労働力だ。「共生は無理かもしれないけれど、共存はできる」とは、著者が取材中に聞いた言葉だ。綺麗事も誇張もない、自然体で彼らと同居する方法が、本書から見える。(内山菜生子)

週刊朝日  2019年10月11日号


トップにもどる 書評記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい