「通貨」の正体

2019/03/14 11:00

 芥川賞を受賞した上田岳弘の『ニムロッド』は、仮想通貨の“発掘”をする男が主人公だった。ニムロッドは主人公の友人の別名であり、バベルの塔の神話に出てくる名でもある。言語の混乱とコミュニケーションの不全をもたらしたバベルの塔は、仮想通貨の本質を暗示している。

あわせて読みたい

  • 浜矩子「仮想通貨は“仮装通貨”がピッタリくる」
    筆者の顔写真

    浜矩子

    浜矩子「仮想通貨は“仮装通貨”がピッタリくる」

    AERA

    12/25

    意外に知られていない ビットコインの「大誤解」を教えます

    意外に知られていない ビットコインの「大誤解」を教えます

    AERA

    3/10

  • ロシア政府が導入する次世代の仮想通貨とは?

    ロシア政府が導入する次世代の仮想通貨とは?

    AERA

    2/7

    フェイスブックの仮想通貨「リブラ」の衝撃 キーマンが独占取材で明かした狙いとは?

    フェイスブックの仮想通貨「リブラ」の衝撃 キーマンが独占取材で明かした狙いとは?

    AERA

    7/4

  • 「今は完全にバブル」仮想通貨の買い時は?

    「今は完全にバブル」仮想通貨の買い時は?

    週刊朝日

    2/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す