地球星人

ベストセラー解読

2018/10/19 13:34

『コンビニ人間』で芥川賞を受賞した村田沙耶香の最新作『地球星人』の主人公・奈月(なつき)は、<私は、人間を作る工場の中で暮らしている>と考える小学5年生。自分の子宮は工場の部品で、いつか、同じように部品である誰かの精巣と連結して子どもを製造するのだと理解しているのだが、どうしても違和感がつきまとう。自分は魔法少女で、大好きないとこの由宇(ゆう)は宇宙人だから、地球星人たちに無理やり違う誰かと<つがい>にされてしまう……それは嫌だ。

あわせて読みたい

  • セックスも食事も共にしない結婚…村田沙耶香の新作を作家が絶賛

    セックスも食事も共にしない結婚…村田沙耶香の新作を作家が絶賛

    週刊朝日

    10/21

    自分を丸裸にしたエッセーと愛読書38作品/村田沙耶香の世界に出会う

    自分を丸裸にしたエッセーと愛読書38作品/村田沙耶香の世界に出会う

    AERA

    1/5

  • 『今日から肉まん始まるよ』村田沙耶香、コンビニの業務連絡LINEを覗く

    『今日から肉まん始まるよ』村田沙耶香、コンビニの業務連絡LINEを覗く

    AERA

    11/29

    なぜウルトラマンは闘うのか? 高度な外星人と地球人との「狭間」に注目

    なぜウルトラマンは闘うのか? 高度な外星人と地球人との「狭間」に注目

    週刊朝日

    7/26

  • 「普通においしかったです」「むずい」への違和感 松尾貴史の連載まとめた一冊

    「普通においしかったです」「むずい」への違和感 松尾貴史の連載まとめた一冊

    週刊朝日

    3/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す