司馬遼太郎で読み解く幕末・維新

話題の新刊

2018/03/07 10:30

 司馬遼太郎の幕末・維新を題材にした作品にどのような思想が通底しているかを解き明かした一冊だ。司馬が何を描いたかでなく、何を意識的に描かなかったかを浮きぼりにすることで、司馬の歴史観を再検証する。

あわせて読みたい

  • 司馬遼太郎が見た景色がなくなっていても「見えてくる風景がある」 その瞬間とは?

    司馬遼太郎が見た景色がなくなっていても「見えてくる風景がある」 その瞬間とは?

    AERA

    11/4

    2月12日は菜の花忌!司馬遼太郎さんの小説を手に取ろう

    2月12日は菜の花忌!司馬遼太郎さんの小説を手に取ろう

    tenki.jp

    2/12

  • 平成時代が終わろうとする今、戦後日本を魅惑した「司馬史観」をのぞいてみませんか?

    平成時代が終わろうとする今、戦後日本を魅惑した「司馬史観」をのぞいてみませんか?

    tenki.jp

    2/16

    横浜の「街角」に作品 司馬遼太郎展始まる

    横浜の「街角」に作品 司馬遼太郎展始まる

    週刊朝日

    6/9

  • 沖田総司は美少年ではなかった! 司馬遼太郎「菜の花忌」で作家ら討論

    沖田総司は美少年ではなかった! 司馬遼太郎「菜の花忌」で作家ら討論

    週刊朝日

    3/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す