相模原障害者殺傷事件 優生思想とヘイトクライム

話題の新刊

2017/03/10 15:24

 昨年7月に神奈川県相模原市の障害者施設で発生した殺傷事件を、社会学者の立岩真也と障害者ヘルパーの経験がある批評家の杉田俊介が読み解いた。

あわせて読みたい

  • 相模原障害者殺傷事件「植松聖死刑囚の言葉に向き合うべき」と7回面会した記者が語る理由

    相模原障害者殺傷事件「植松聖死刑囚の言葉に向き合うべき」と7回面会した記者が語る理由

    dot.

    7/25

    相模原・障害者殺傷事件で見えた「悪意」と「善意」

    相模原・障害者殺傷事件で見えた「悪意」と「善意」

    AERA

    10/12

  • 姜尚中「相模原殺傷事件から見えた世界中に張り巡らされた『壁』」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「相模原殺傷事件から見えた世界中に張り巡らされた『壁』」

    AERA

    2/4

    相模原障害者殺人事件 植松聖被告の手記とマンガを出版した編集者が語る“オウム真理教との共通点”

    相模原障害者殺人事件 植松聖被告の手記とマンガを出版した編集者が語る“オウム真理教との共通点”

    dot.

    7/26

  • 相模原障害者殺傷事件 死刑が確定した植松聖が記者の「最後に伝えたいことは」に返した意外な言葉

    相模原障害者殺傷事件 死刑が確定した植松聖が記者の「最後に伝えたいことは」に返した意外な言葉

    dot.

    7/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す