書評『串田孫一 緑の色鉛筆』串田孫一著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

串田孫一 緑の色鉛筆 串田孫一著

このエントリーをはてなブックマークに追加
西條博子書評#話題の新刊

 哲学者で博物学者、さらには登山家だった文人の、日常の些事から広がる想像を丹念に綴った随筆集。
 表題作は78歳のときに書かれた。山旅から帰って画帳を広げると、山の緑を眺めて味わった清々しさが一向に蘇らず、色が不自然だったり濁っていたりする。それは、生物にとって特別なはずの草木の緑に人間だけが気づいていないからではないか。玄関先で幼い子供から手渡された6本の、それぞれ色の違った緑の色鉛筆から想いを馳せる。
 静けさが沁みるなか、ユーモアが冴えるのは46歳のときに書かれた「黒い雀」だ。黒という色は、知的ささえ感じさせ、見ることで気持ちが安心したり忘れていた奥ゆかしさを想い出したりする色だと、その独特の魅力を描く。煙突から連日のように真っ黒けで落ちてきた雀の話が愉快。

週刊朝日 2016年7月22日号


トップにもどる 書評記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい