書評『パパ・ヴァイト ナチスに立ち向かった盲目の人』インゲ・ドイチュクローン作/ルーカス・リューゲンベルク絵/藤村美織訳 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

パパ・ヴァイト ナチスに立ち向かった盲目の人 インゲ・ドイチュクローン作/ルーカス・リューゲンベルク絵/藤村美織訳

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル書評#話題の新刊

パパ・ヴァイト ナチスに立ち向かった盲目の人

インゲ・ドイチュクローン作/ルーカス・リューゲンベルク絵/藤村美織訳

978-4811322261
space
amazonspace

amazon.co.jp

space

 第2次世界大戦中のドイツ。ナチスによるユダヤ人への抑圧に、ドイツ人でありながら立ち向かった人物がいた。
 ユダヤ人が多く働くベルリンの盲人作業所の所長で、自身もほぼ盲目の、ヴァイト。
 ヴァイトは何度も身を挺して、ナチスの秘密警察によるユダヤ人の強制収容から、ユダヤ人作業者たちを守り続けた。単身アウシュビッツに向かい、ユダヤ人収容者を助けようとしたりもした。
 著者は、そのヴァイトに命を救われた、当時の少女。みんなが「パパ」と呼び慕った、ヴァイトの勇気ある行動を、子ども向けの絵本にした。
 ヴァイトへの愛情あふれる優しい語り口と、柔らかなタッチの絵で、当時のドイツでのユダヤ人たちの様子が、重苦しくなりすぎないような雰囲気で伝わってくる。
 当時、ドイツで何が起こっていたのか。未来へ伝えていかなければならないことは何なのか。大人にとっても“響く”絵本である。

週刊朝日 2015年9月4日号


トップにもどる 書評記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい