書評『へるん先生の汽車旅行 小泉八雲、旅に暮らす』芦原伸著 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

《話題の新刊 (週刊朝日)》

へるん先生の汽車旅行 小泉八雲、旅に暮らす 芦原伸著

このエントリーをはてなブックマークに追加
西條博子書評#話題の新刊

 へるん先生とは、ラフカディオ・ハーンこと小泉八雲のこと。松江で英語教師となる際、県との契約書にヘルンとカタカナで書かれていたため、そのように呼ばれた。漂泊の旅を重ねたのち日本を訪ね、物語作家の才を開花させる。彼の心の旅の軌跡をジャーナリストが追った。
 ギリシャに生まれ、アイルランドとイギリスで少年時代をすごし、19歳でアメリカに渡ったハーンは、白人社会のはぐれ者を自負していた。違法と知りつつ黒人と結婚し、新聞社から解雇され、40歳にしてほぼ無一文で来日する。天涯孤独の苦労人は、政府から招聘されたお雇い外国人や、十分な資金をもって見聞旅行をしたイザベラ・バードとは違っていた。「友人」のように日本人と接するハーンの姿に、著者は元祖バックパッカーの姿を見る。偏見のない心で異郷の地を楽しみ、セツと微笑ましい結婚生活を送った。
 時おり、著者自身の鉄道の旅の記録が入り交じる。カナダ・トロント発の寝台列車は、今も線路端の焚火を合図に列車を停め、先住民たちを無料で乗せるという。

週刊朝日 2014年4月4日号


トップにもどる 書評記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい