客と嬢がフェイスガード着用で行為に 丸山ゴンザレスが聞いた風俗の現状 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

客と嬢がフェイスガード着用で行為に 丸山ゴンザレスが聞いた風俗の現状

連載「カオスな現場の取材メモ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山ゴンザレスdot.#新型コロナウイルス
 世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、取材先でメモした記録から気になったトピックを写真を交えて紹介する。
閑散とするナナプラーザ。コロナ禍以前は多くの外国人で賑わっていた(写真提供/Naoya Akashi @naoya_bkk)

閑散とするナナプラーザ。コロナ禍以前は多くの外国人で賑わっていた(写真提供/Naoya Akashi @naoya_bkk)

■段階的な規制解除がもたらす繁華街の変化

【写真】ゴンザレスが潜入した“風俗マンション”

 タイの首都・バンコクは日本と同様にコロナ禍に陥り、その後段階的に規制が緩和され始めている。

 だが、7月1日から施行された規制緩和のガイドラインが、バンコク好きの日本人たちを大いにざわつかせた。パブやバーなどの飲み屋は、深夜営業が禁止(午前0時まで)になり、ダンスや歌をうたうのも禁止。加えて、客の隣に座っての接客というのもできないようだ。これでは営業できない店も出てくるだろう。

 さらに驚いたのが、マッサージパーラーについての規制だ。マッサージパーラーとは、日本でいうソープランドのようなところで、性的なサービスを提供してくれるお店だ。

 そこで義務付けられたことの一つが、入店前の利用者登録。初回は電話番号を登録する必要があり、その後は店の前にあるQRコードを読み込む仕組みである。実際にマッサージパーラーでどのように導入されるかはわからないが、現在のところこのやり方はコンビニなどあらゆる業種で実施されている。
日本人御用達として知られたタニヤ。コロナ禍では地元のタイ人の姿も見ない(写真提供/Naoya Akashi @naoya_bkk)

日本人御用達として知られたタニヤ。コロナ禍では地元のタイ人の姿も見ない(写真提供/Naoya Akashi @naoya_bkk)

 ここまでの規制緩和のガイドラインは現地の友人に教えてもらった。その彼がマッサージパーラーでもっとも懸念しているのは、「入浴時以外は嬢がマスク、フェイスシールドを着用すること」だという。

 いわゆる“プレイ”をするときに、嬢がマスクとフェイスシールドを着用していたら、「萎えます」と友人が話す通り、想像するだけでかなりのインパクトである。ちなみにガイドラインではマスクなどの着用について「トゥッコン(全員)」とされており、客と女の子の双方がそれらを着用することになるという。だがポジティブな友人は「貴重な体験ができそう」と笑っていた。

 こうしたガイドラインがどこまで守られるのか、正直なところわからない。というのも、これまでに政府が打ち出した規制は、どれも徹底されていないからだ。コンビニやデパートの入店時に徹底するはずだった利用者登録とQRコードの読み取りについても、守られていたのは最初の一週間ほどで、今では店側がチェックすることも稀になってきているという。こうしたタイ人の気質と、これまでの“なし崩し的な規制緩和”の実績から考えると、今回の規制もそれほど長く続かないというのが友人の見立てだ。今後のバンコクの動きに注目である。(文/丸山ゴンザレス)

丸山ゴンザレス

丸山ゴンザレス/1977年、宮城県出身。考古学者崩れのジャーナリスト。國學院大學大学院修了。出版社勤務を経て独立し、現在は世界各地で危険地帯や裏社会の取材を続ける。國學院大學学術資料センター共同研究員。著書に『世界の危険思想 悪いやつらの頭の中』(光文社新書)など。

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい