聖路加国際病院の牧師が患者に性暴力 「一人の女性として見てしまっていた」 東京地裁が賠償命令  

セクハラ

2022/12/24 19:37

 聖路加国際病院(東京都中央区)にチャプレン(牧師)として勤務していた職員の男性から、病院内で性暴力を受けたとして、患者の女性が牧師の男性と、病院を運営する聖路加国際大を相手取り、計1160万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12月23日にあった。東京地裁は男性が女性にわいせつ行為を強要した点や病院の使用者責任を認め、牧師の男性と病院に計110万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

あわせて読みたい

  • 「性被害をどこに相談しても対応してもらえなかった」聖路加病院の元牧師を提訴した患者女性が激白

    「性被害をどこに相談しても対応してもらえなかった」聖路加病院の元牧師を提訴した患者女性が激白

    週刊朝日

    11/3

    がんなどの遺伝性疾患が不安なあなたが受けるべき「診療」

    がんなどの遺伝性疾患が不安なあなたが受けるべき「診療」

    AERA

    12/16

  • 「同意はなかった」女性のあいまいな証言は信用できない? 堂々と語る男性の言葉を「真実」とした無罪判決
    筆者の顔写真

    北原みのり

    「同意はなかった」女性のあいまいな証言は信用できない? 堂々と語る男性の言葉を「真実」とした無罪判決

    dot.

    6/7

    「老いを認めない」は要注意 精神科医が説く「55歳からの過ごし方」

    「老いを認めない」は要注意 精神科医が説く「55歳からの過ごし方」

    週刊朝日

    8/1

  • 障害者の“性”と向き合えぬニッポン

    障害者の“性”と向き合えぬニッポン

    週刊朝日

    11/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す